読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よいしょー!

ご飯とか生活とか貧乏暮らしの思い出と今。わかりにくいことまとめたり。

新卒で正社員になれなかった人の話

生活 社会 考え方

http://www.flickr.com/photos/48577267@N02/9545432676photo by mikeyp2000


「あー、いつまで就活するんや、俺」自殺の1週間前ブログで苦悩を吐露…救えなかった自分を責める家族(1/2ページ) - 産経WEST

 

自分が大学卒業時に就職先決まってなくて(残念大学+学部だったため、周りもたいがい就職決まらず卒業したけど)その当時若干今より謎のプライドがあってかなり絶望してた。

新卒で就活失敗した人がどうなってくか、まったく想像できなくて。人生オワタかなーと。

それも1つの原因になって大学の人との人間関係避け倒して最悪になったり。

でもあの頃はわからなかったけど、正社員でなくてもなんだかんだ生きていける。死なないでほしい。

卒業→契約社員→職業訓練校で勉強→派遣社員フリーター→正社員→職業訓練校で勉強→契約社員から正社員になって産休中にフリーランスになることを検討 ←今ここ

こんな人間もいますん・・。なかなかやばいなぁ。やばいかなぁ。

就活を続けなくても、こんな選択肢もあるなって今なら思える。

  • 職業訓練校に行く(勉強しながらお金がもらえる
  • 海外を放浪してみる(東南アジアとかふらついたら何か見つかるかも
  • いろんなアルバイトを経験してみる(いろんな業界を体験
  • 丁稚奉公として無給でも憧れてる業界や後継者不足な職人さんの業界に飛び込んでみる
  • 地域のNPOとかボランティアに参加してみる

田舎ならシェアハウスとハロワ(職業訓練)を頼って都会に出てくるといい気がした。個人的な経験として仕事につながりやすかった。

零細なら全然既卒でも若い人(20代・またはいろんな経験したり技術ある30代)をほしい小さな会社は意外とあるのが社会に出てからわかった。

情報と気持ちの余裕こそが大切だけど、全然なくなっていくもんな・・。

 

どうか就活の失敗とか辛さで死ぬことをもったいないと思ってほしい。