読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よいしょー!

ご飯とか生活とか貧乏暮らしの思い出と今。わかりにくいことまとめたり。

毒嫁の苦悩

※意味のない気持ち悪げな自分語りとなってしまいました。
なんか超暇な人以外はそっ閉じして下さい。

思い返せば中学生くらいから自分の理想は、
自分が空気のような存在になりたいと漠然と思ってました。
透明人間みたいになって、私はみんなが楽しそうにしてるのをその場で見ていられるといいなぁ、と(覗きたいとかではなく)

好きな人ができても、話したいとか自分と一緒にいてほしい、ではなく空気のようにその人を見ていたい。私のいないところで幸せになってほしい。
ていうのが自分の中での好き、だった。

だからどうでもいい人(というと失礼だがどちらか言うと嫌いな人)と接するのは楽でなぜか仲良くなるのはそういう人がほとんどだった。
思ってることを話せばよかったから。着飾る必要がなかったから。

男女問わず好きな人と仲良くなることは苦痛だった。
素の私を好きになってもらえるはずがないから、まともな人を演じなきゃいけなくて疲れてしまう。でも本音ってどこまで話していいかわからなくて。
仲良くなれてもどこか負担で今まで何度も人間関係リセットしてしまった。
人との距離感がマジでわからない今も。


でも夫は、好きなのにちゃんと私は飾らなくても大丈夫だとゆっくり教えてくれた。
私なんかに縛られないくらい自由で根本が前向きな人だ。はい。のろけです。

毒母の記事を読んだ。
私の母はこのタイプの人だ。

私はこれを夫相手に行っているところがあるなと思った。
かつて、いや今も母相手に顔をしかめていた行動や態度言葉を私が夫相手にしていてその瞬間から悲しくなったり自分を正当化させたりしている。
そしてかつての私みたいなうんざりした顔をする夫がいる。言っていることはだいたい正しそうなことだ。そのうんざりした気持ちがわかるのに母の言い分もわかるような気持ちだ。どんどん嫌われていくのがわかる気がする。最悪だ。
大好きだから絶対に縛りたくないと思っているのに。

ただ、自分の思う通りというと最悪なのだけど、社会的にこれは身につけた方がいいというのを伝えるのは悪いことではないと思う。
私含め、ほとんど多くの人はこうした方が多分気を損ねないよということ。例えば近しい人でも手紙を受け取ったら、送った相手に届いたよと伝えることとか。電話をとりとめなくいきない切ろうとするところを直すとか。いや、人にとってはただの窮屈に感じるな多分。。
でも自分のわがままと教育?的なものとの区別が難しいと思う。

ただ、私に出会わなければ、こんな呪縛みたいなものと無縁に生きていけただろうと思うと申し訳なくなる。
自分に余裕がなくなってくるほど、夫にこうであってほしいと思う欲求が強まるのかと思っている。そして嫌な面を見せてしまい夫がうんざりして私は精神的余裕がなくなって。←今このループ入りかけ

どうしていいかわからないけど、あれなぜこれを書いた。という気持ち。
理解してほしい?わかってほしいのかな。。


ただの自分語りと超気持ちの悪い自己弁護みたいな文になってしまった。
ごめんなさいごめんなさい。
読んでくださった方いたらありがとうございました。