よいしょー!

ご飯とか生活とか貧乏暮らしの思い出と今。わかりにくいことまとめたり。

ミュージカル、演劇のチケットノルマについて考える

三十路をすぎて、今まで関わることのなかったミュージカルというものに参加する機会がありまして。

今まで興味なさすぎて、遠い世界だったのだけど少し近づいてみてこんなに広い世界だったのかと、あと、特殊な世界だなと思った。

大規模な商業ミュージカルを除くと、演じたり、舞台を作る人ばかりで、そのチームの中にマーケティングを担当する人や視点が圧倒的に足りていないと感じた…。

 

ほんの一面だけ見ると、演じたい人が供給過多で、見る人が集まらないような。

それで、演劇をやってる内輪の人がチケットを買ってその中でぐるぐる回ってる。

その外の人(=新規顧客)に売らないと広がらないなと思った。

 

演じる人の目線ばっかりで、見る人がどう面白いか興味を惹かれるのが少ないのかな…と。

演劇の良さが全然わからない人に、お金(公演場所までの移動費+チケット代)と時間(移動時間+公演時間)を潰してまで見に行きたいと思える価値を提供できるか?をどうPRしていけるのか。

すでに人付き合いでアマチュア演劇を見てつまらないと感じた人なんて余計に難しい。そんな人にどう動機付けできるか考えた。

・物語や原作をすでに知ってて、それが好きだから

・出演する人が魅力的で、その人が見たい

・話題性がある

・自分も作成に携わっている(くらい情報が身近にある)など

作る側が面白いと感じている、その舞台の魅力を完全に伝えられてるか。

映画なら予告編があるけど舞台はあるのかな?チラシだけで十分か…?

何にお金がかかってるか、見所はどこか、伝えるべきところはたくさんある。

一度関わったらわかってきたけど、まったく何も知らない人は知るはずがなくて、そこの説明はすっ飛ばせないと感じた。

 

芸術性が高くても見たい人がいない芸術は廃れて残らないと思う。

もう少し大衆性を意識していかないと持続しないと感じた。

 

 

何を言いたいかと言うと…

自分の参加するミュージカルの宣伝を(今後)していきたい!と

ミュージカル界隈の人はもっと宣伝したらよいのに!てことでした。

 

しょいー!

バーチャル帰省(エア帰省)をしようと考えている〜2018夏〜

お盆です!帰省の時期です!

※エアー帰省とは飛行機で帰省することではありません

f:id:tiri_gami:20170910123221j:plain

家族で関東から帰省となると、準備と、丸1日かけてぐずる子供をなだめすかしまくり、徒歩、電車、飛行機(新幹線)を駆使して家族全員分で500km以上先の実家まで往復15万を超える金を出してクタクタになる移動(行きと帰り)がついてきます。

 

人混みで病気もらうかもしれません。

それを乗り越えてでも帰る実家と、過ごすその時間は楽しいのですが色々なコストがかかりすぎて辛い。

 

今年は、自宅の周りでのイベントも多かったため帰らないことに。

なので、ふと思い立って、少しでも帰った感じを味わおうとバーチャル帰省(エア帰省)をしようと思いました。

 

バーチャル帰省(エア帰省)とは具体的には

・壁に実家の映像(LINEカメラ通話)をプロジェクターで投影しっぱなしにする

・ネットのニュースで実家までの交通機関の混み具合を見て、そこにいる自分を想像する

・実家の周りをgoogleストリートビューで散歩する

・実家の周りで偶然会うかもしれない同級生を適当に思い浮かべ、facebookで検索して今度ご飯でも食べようとメッセージを送る(ということを考えるだけで実際は送らない)

・これらの感想をまとめる

です。

 

<メリット>

・帰省にかかるお金・移動時間・体力を一切消費せず、それなりに気分を楽しめる

・いつの瞬間でも家に戻れる

・会いたくない人にはばったり会わずに済む(ひきこもり思考)

<デメリット>

・本当の地元の空気は吸えない

・最新の実家と地元の状況はわからない

 

という提案でした。検索すると似たような感じのことを考える人もいて、やはり。と思いました。

気が向けばレポートを書きます!以上です!

 

 

しょいー!

大規模な水害でわかったこと

私は病気かなってくらい想像力がないので、いまいち自分ごととして捉えられないのでニュースなんかで見た内容をまとめてみた。

亡くなる方のニュースを聞いて、辛くて、どうか忘れないで教訓にして今後生かせればと思った。

 

事前にしておくべきこと

→どこが安全か(安全な避難場所か)事前に把握してないと逃げ場所がわからない

 住んでる地域の洪水ハザードマップを見て、自宅の危険度を把握。

 近隣で安全な高さの建物や避難場所を事前に把握しておく。ウェブなどでも検索したら見れる。

 

大雨・災害時

→ひどい地域は早朝の2時間程度で2階(3m程度)の高さまで水が来た。

 つまり目が覚めたら(もし早い時間に目が覚めてても、すでに)もう避難できる状態でなかった地域もあった。

 日が昇ってない暗い時間の避難も厳しいことから、警報が出た時点で避難せねばもう遅いという無理ゲー状況だった。。?

 雨雲がなくなっても、川の堤防決壊などが起こるとほんとに一気に水が来て、避難自体が危険になり自宅にとどまらざるえなかったんだとわかった。

 地面から50cm以上の水の中を移動するのは危険とされてるってラジオで聞いた。

 

→ほんとに急な時はビニール袋、発泡スチロール、浮きそうなものをなんでも持っておく。泳げなくても浮いて入れば助けてもらえる。

 仰向けになって★の形みたいに両手両足を伸ばした方が浮きやすい。

 屋根に登れない家の形状もあるそう。

 屋根に登っても、水の勢いで土台が崩れてる水没することも。

 

 

雨が落ち着いたあと

→水、電気が止まることも。

 スマホ充電できないので連絡つかない。

 水は飲み水を確保するには、備蓄を消費か、復旧を待つか、買いに行くか、支援物資を受け取るなど。

 下水もない、お風呂入れない。ものすごい猛暑。

 

→車も水に浸かって使えなくなる。

 移動手段がかなり狭まる。

 

→配送、運搬の車両が通れない

 道もぐちゃぐちゃ。販売店にも商品が配送しにくくなるから不足する。

 これは支援物資も不足気味になるな…。

 

→家もぐちゃぐちゃで使えるものがほぼなくなる

 着替えもない。仕事道具や大切にしていたものも使えなくなってるかもしれない。

 

雨も止み、晴れた日

→被害がなかった地域の川が氾濫

 たまった雨が上流で発生した土石流が川を下ったらしい。

 雨の後も、被害の出た地域から遠くても、川や山は油断していたらまだ危ない。

 

 

被災していない地域の人ができること

義援金を募金

 コンビニからでもできる!

・折り鶴を送るのは悪

 

 

以上です。